Teaching Tomorrow's Leaders Today
Header

Urabandai WEA Outdoor Leader Course Report

9月 27th, 2016 | Posted by admin in 未分類

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-40-12裏磐梯WEAアウトドアリーダーシップコースが、9月17日〜28日にかけて、株)野外計画小野川湖レイクショアキャンプ場にて、参加者6名、講師3名の贅沢な構成で行われました。例年にない秋の長雨とばっちり重なり、ベイシックコース、アドバンスコースとも雨との対話のディシジョンメイキングとなりましたが、その分参加者の実力アップと、ほんのひとときの青空のありがたさを感じることができました。笑いあり、成長あり、涙ありの、明日のアウトドアリーダーたちの12日間の軌跡をご一読ください。

参加者
・吉田理史(NPO法人信州アウトドアプロジェクト)フルコース
・戸田耕介(元びわこ成蹊スポーツ大学学生)フルコース
・小林律(自然学校キッツ森のようちえん)ベイシックコース
・竹内亮介(株式会社パラドックス)ベイシックコース
・市川雄一(野外教育事務所hare no tag)ベイシックコース
・堀松雅博(仙台大学学生)アドバンスコースアプレンティス
講師
・高山昌紀(アソベンチャーライフジャパン)
・島崎晋亮(NPO法人信州アウトドアプロジェクト)
・岡村泰斗(backcountry classroom Inc.)

ベイシックコース
【9月17日】
初秋の高原のさわやかな空気のなか、2016年のWEAコースがはじまりました。アイスブレイクで行ったWEAスキルチェックリレーでは、エデュケーター受験者が、リーダー受験者を圧倒しました(ちなみにエキシビション参加したイグザミナーは、エデュケーターに圧勝)。夕食は、日本人が使い慣れない「小麦粉」を使った山での野外料理を体験し、山の食材として高いポテンシャルを実感しました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-43-27 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-44-48 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-45-23
【9月18日】
遠征にむけ、担当のティーチングクラスがはじりました。装備、食料準備のティーチングクラスをキャンプ場で終え、現地では、テント設営、山のトイレのティーチングを行い、体系化、理論化されたWEAカリキュラムの奥深さに参加者一同目からウロコでした。雨のビバークとなりましたが、たき火を囲んで明日からの遠征本番に向け、入念な計画が練られました。もちろんたき火の後はリーブノートレイス。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-58-05 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-57-38 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-57-17
【9月19日】
いよいよベイシックコースの遠征の核心部、中津川渓谷を遡行します。低体温、増水などのリスクと常に向き合いながら、引き締まった遠征となりました。最後は、ゴール手間で、標高差100mのヤブこぎで沢を脱出し、無事にその日のビバークサイトまで到着することができました。ほっと一息つく間もなく、その日の夜はツェルトトレーニング。オリジナリティあふれるツェルトの花が咲きました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-11-28 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-08-51 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-10-18
【9月20日】
雨の中の3日間の遠征となりましたが、全員健康的にキャンプ場に到着することができました。雨のときほどキャンプのスキルに磨きがかかります。登山のふりかえりでは、山でのリーダーシップのとり方、ハイキングロールなど、アドバンスに向けて多くの課題が挙げられました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-33-46 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-34-19 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-51-32
【9月21日】
最終日の午前中は、LNTのティーチングを集中的に行いました。遠征中の体験もふりかえることができ、LNTの理解をより一層深めることができました。ベイシックコースもいよいよ終盤、参加者のとの中間評価を終え、明日へのさまざまな目標を胸に、ベイシックコースが幕を閉じました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-37-03 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-36-17 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-35-54
アドバンスコース
【9月22日】
12日間のWEAコースもいよいよ後半戦突入です。新たな講師と参加者が加わり、気分も新たに明日の野外教育指導者を目指します。ベイシックコースで培った遠征計画スキルを活かし、早速5日間の吾妻連峰遠征計画をプランニング。長期登山が初めてのメンバーもおり、明日からの遠征に期待が膨らみます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-32-55 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-33-08 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-32-19
【9月23日】
「魔女の瞳」の異名をもつ、吾妻連峰五色沼。現在噴火活動により、正規ルートは通行止め。どうしても五色沼を見たいと言う満場一致の意見で、この日は、オフトレイルで一切経山を目指します。ガスのかかった神秘的な五色沼と対面した後に、この日は稜線直下の家形山避難後にて、ビバークです。ベイシックでの失敗も修正し、LODのリーディングやハイキングロールが冴えわたりました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-56-14 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-59-39 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-57-25
【9月24日】
WEAコース中はじめてとなる朝日をあび、気持ちよく五色沼まで登り返しました。五色沼では朝日に輝く昨日とはまた違った表情が。一度に二度おいしい。五色沼に立ち寄ったことにより、この日も中間地点の谷地平を最短距離で目指すために、正規トレイルではなく、大倉深沢のオフトレイルを選択。途中で、ロアーダウンの練習も行い、密度の濃い沢歩きとなりました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-07-14 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-08-25 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-07-50
【9月25日】
この日は、1日谷地平での、のんびり休息&ティーチング。朝イチの谷地平でのインタープリテーションで気分は最高。午後は、リスクマネジメントのワークの後に、最後自分たちだけで遠征を行い、キャンプ場まで帰着するファイナルエクスペディションのプランニング。ここまでのWEAコースの集大成です。講師と全員そろう最後の夜はひとり一品の決起パーティー。ウィルダネスとは思えない豪華メニューが並びました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-11-14 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-12-14 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-12-31
【9月26日】
朝5時、少し気がかりな雲の中、吾妻連峰の最高峰である西吾妻山目指して出発しました。当初予定していた弥兵衛小屋湿原への寄り道は、天候と遅れのためあきらめ、少々早めの西吾妻山ビバーク地へ到着。吾妻連峰ののびやかな稜線を思いっきり楽しみました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-19-22 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-18-43 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-17-45
【9月27日】
5日間の遠征も今日が最終日、西大巓からのグランデコスキー場の長い下りで、膝が悲鳴を上げながら、懐かしの小野川湖レクショアキャンプ場に帰ってきました。この日はもうティーチングもふりかえりも忘れて、温泉&生還パーティー。5日間の遠征お疲れさまでした。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-22-57 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-24-18 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-14-25-08
【9月28日】
12日間のWEAコースもとうとう最終日。フルコースの参加者の胸には、一言では言い表せない、密度の濃い思い出がよみがえります。午前中、最後のティーチングクラスを行った後に、個人別の最終評価と修了式。今日からWEAメンバーの一員です。共に日本の野外教育の発展の向け歩み始めましょう。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-15-27-09 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-15-27-59 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-15-26-35

スペシャルサンクス:株式会社野外計画、八木さん、鷲尾さん、快適な学習環境をありがとうございました!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.