サイモン・プリースト 来日記念3大都市特別リサーチワークショップ

冒険プログラムの効果のメカニズムを探る

左サイモン・プリーストと右マイケル・ガス、台湾最高峰玉山にて

サイモン・プリーストとは

カナダブリティッシュコロンビア州バーナビー在住のカナディアン。2021年にブルック大学をリタイヤし、今回は、2022年12月に台湾で行われるアジア体験教育学会への招聘を機会に、来日することなった。長年冒険教育研究でイニシアティブをとり、体験教育協会、英国の野外教育協会など冒険教育、野外教育に関する国際団体で、会長を歴任するなど、この分野において多大な功績を残してきた。また、世界30の研究機関から客員研究員として招聘されるなど、世界を代表する冒険教育研究者である。

Effective Leadership in Adventure Programing Field Handbook

彼の代表的な業績の一つとして世界的な冒険教育の理論書としての名著である「Effective Leadership in Adventure Programing(冒険プログラムの効果的な指導法)」が挙げられる。この書は、1997年に初版が発刊され、その後25年に渡り、2回の改訂が重ねられ、世界で最も読まれている冒険教育のテキストブックと言っても過言ではない。この度、第3版をもとにし、本編の内容を凝縮した、フィールドハンドブックが発刊されることとなった。この書は、現在、フランス語、ポルトガル語の翻訳版が完成しており、現在日本語版、中国語版の編纂が進んでおり、今後、世界中の言語での翻訳版の完成を目指している。このフィールドブックはデジタルハンドブックを無料でダウンロードすることができ、今後、広く世界中の冒険教育の発展に貢献していくであろう。日本語版は、2022年12月の完成を目指し、彼のワークショップで、広くリリースされる予定である。

福岡会場

日程:2023年1月7日(土)
時間:930-1230(900受付開始)
会場:九州大学西新プラザ(福岡市早良区西新2-16-23)
問合:森本弘太(morimoto@encourage-inc.jp)

大阪会場

日程:2023年1月16日(月)
時間:1800-2100(1730受付開始)
会場:大阪体育大学同窓会館(大阪市北区天満3丁目10-16)
問合:林綾子(hayashi-ay@bss.ac.jp)
備考:大阪体育大学共催

東京会場

日程:2023年1月20日(金)
時間:1800-2100(1730受付開始)
会場:東京都立産業貿易センター台東館会議室B(東京都台東区花川戸2-6-5)
問合:岡村泰斗(office@weaj.jp)

ワークショップのアウトライン

主 催:一般社団法人Wilderness Education Association Japan
対 象:冒険教育、野外教育関係者各会場30名
講 師:サイモン・プリースト
通 訳:岡村泰斗(福岡・東京)/林綾子(大阪)
費 用:無料
内 容:講師の膨大な研究成果、研究手法の中から、特に冒険教育・冒険体験が、参加者の成長に影響を及ぼす効果要因について、参加型学習により理解します。効果のメカニズムを理解することで、冒険教育の効果の再現性を高め、より高い効果を期待することができます。
〆 切:12月27日(各会場もと定員を満たし次第受付を終了します)
問 合:会場に関することは、各会場の問合先にお願いします。申込等に関しまして、主催団体事務局までお願いします(office@weaj.jp)
備 考:各会場もとワークショップ終了後の講師、参加者とのソーシャルタイムがあります。
後 援:NPO法人Leave No Trace Japan