6+1=WEA / We have standards.
Header

Commission of Corporate Governance規定

Commission of Corporate Governance規定

 

(目的)

第1条 この規定は、一般社団法人Wilderness Education Association Japan(以下WEAJ)におけるCommission of Corporate Governance(以下CCG)について必要な事項を定めるものである。

 

(事務局)

第2条 CCGの事務局は、その委員が担う。

2 ただし、WEAJ事務局と重複することを妨げない。

 

(責務)

第3条 CCGは以下の責務を達成することとする。

1)総会、理事会、及び各種委員会の監督、指導、評価

2)理事の監督、指導、評価

3)理事選挙の管理

4)会務の監査

5)資格・公認の審査・認定・再公認

6)国内外関係団体との交渉、監視

7)外部資金獲得の交渉、支援

 

(委員の条件)

第4条 CCGの委員は以下の条件をすべて満たしていることとする。ただし、正会員以外からの選出ついて、この限りではない。

1)理事会に3期以上在職したもの。

2)会長及び副会長に在職した、もしくはCCGによって理事会の運営に多大な貢献が認められたもの。

3)Certifying Examinerを有しているもの。

 

(正会員以外の委員の条件)

第5条 正会員以外からの委員は、以下の条件をすべて満たしていることとする。

1)WEAJの目的に賛同し、その運営に協力しようとするもの。

2)WEAJの運営に有効な専門技能を有し、正会員に同等の技能を有するものが認められないもの。

 

(委員の任命)

第6条 第4条及び第5条の条件を満たすものは、本人の意思を持ってCCGに参画し、CCGがこれを決議する。

2 任期は設けない。

3 退任は任意で行うことができ、CCGの決議をもって行う。

4 解任はCCGの決議をもって行う。

 

(委員会の組織)

第6条 CCGには以下の役職を置くこととする。それぞれの役職は、委員の互選によって決定する。

1 委員長

2 副委員長

3 監査

 

(委員会の運営)

第7条 CCGは、必要に応じて、定期的に委員会を開催することとし、委員長がこれを招集する。

 

(理事会への出席)

第8条 委員長は理事会に参加することとし、審議に対して助言することができる。ただし、議決権は有さない。

2 委員長が出席できない場合は、副委員長が出席することとする。

3 CCGのすべての委員は、任意で理事会を観察することができる。ただし、委員長もしくはその代理としての副委員長以外は、理事会から求められない限り発言権はない。

 

(理事会からの出席)

第8条 理事長はCCGに参加することとし、審議に対して助言することができる。ただし、議決権は有さない。

2 理事長はCCGの要求に応じ、会務の執行状況について情報を提供しなければならない。

3 理事長が出席できない場合は、副理事長が出席することとする。

4 CCGに出席する理事長もしくは副理事長以外は、CCGの裁量において適切と判断されない限り、任意に会議に参加することができない。

 

平成30年12月11日 制定