A5.アウトドア・リーダーの資格を取ることで、LTN(Leave No Trace)トレーナーと、WFR(Wilderness First Aid Responder)の資格を取ることができます。また、今後、国内の既成団体とも、各団体の規定する課程認定条件(カリキュラム、講師)を満たしていくことで、例えば、キャンプ・インストラクター、登山ガイドなどの資格を発行することが十分可能です。

Leave a Reply