A4.日本キャンプ協会の公認するキャンプ・インストラクターは、主として施設内において、キャンププログラムを提供し、キャンプの教育目標を達成できるようファシリテーションできる資格です。その上位資格としては、キャンププログラムを企画運営し、団体をマネジメントすることのできるキャンプディレクターという資格があります。

 一方、日本山岳ガイド協会が公認する登山ガイド(現在ステージ1,2)は、人々を安全に、環境に配慮して、無雪期の整備された山岳地域で引率できる能力の証です。この上位資格には、無雪期、積雪期及び整備、不整備を問わず山岳地域でガイドできる山岳ガイドや、世界中の山でガイドできる国際ガイドがあります。

 大別すると、前者はソフトスキルに焦点を当てた資格、後者はハードスキルに焦点を当てた資格と言えます(いずれの資格も両方のスキルは必要ですが)。前者は山岳地域での安全管理、環境配慮の能力は保証されていません。一方、後者は、安全に山行を行うことがガイドの目的で、特定の教育目標を達成するためのファシリテーション能力は保証されていません。つまり、WEAの公認するアウトドア・リーダーとは、これらの2つの資格を融合し、山岳地域(ウィルダネス)を活用し、特定の教育目標を達成するためにファシリテーションできることの能力の証と言えます。

Leave a Reply