Teaching Tomorrow's Leaders Today
Header

2018 LNT Master Educator Course

1.主催 公益財団法人神戸YMCA
2.共催 一般社団法人Wilderness Education Association Japan:WEAJ
3.公認 National Outdoor Leadership School:NOLS
4.日時 
2018年6月25日(月)-6月29日(金)
5.場所 関西圏のYMCA施設を予定(未定)
6.対象 
最大12名/最少催行6名
7.指導者
Tiana White(NOLSインストラクター)
Taito Okamura(WEAインストラクター)
8.資格
 LNT Master Educator
9.プログラム
6月25日 LNT概要/課題準備
6月26日 LNTスチューデントクラス/遠征準備
6月27日 ウィルダネスエクスペディション/LNTスチューデントクラス/ビバーク
6月28日 ウィルダネスエクスペディション/LNTスチューデントクラス
6月29日 LNTトレーナーコースの開催方法/資格認定式
※コース中に1泊2日のビギナーレベルのウィルダネスエクスペディションがあります。
10.参加費
 約100,000程度(未定)(指導費、教材費、公認費、保険料、実費を含む)
※WEA有資格者は5,000円割引いたします。
11.〆 切
1次募集2018年3月31日(土)
12.申し込み
近日中に公開
13.装備
野外に適した服装一式、レインコート、スリーピングバック(4シーズン用可)&スリーピングパッド、食器&武器(スプーン&フォーク等)、カップ(保温性のあるマグカップ適)、ナイフ、バックパック60リットル以上、運動靴、ヘッドランプ、換え電池、水筒(1リットル)2本、ビニール袋大(5〜6枚)、ジップロック中(5〜6枚)、ジップロック大(5〜6枚)、スタッフバック20〜30リットル(適宜/バックパックの中の荷物の整理に使います)、新聞紙、マッチorライター、洗面用具、常備薬、筆記用具
14.スチューデントクラス
LNTコースでは、以下のトピックから、コース中に他の参加者に対し指導することが義務づけられています。以下に挙げるリストから、自分が指導したいものを1つ選択し、指導のための教材、情報が必要であれば、事前に準備して持参してください。どのトピックスを選択したかは6月25日のオープニングセッションで伺います。
1)LNT7大原則
(1)事前の準備と計画
(2)影響の少ない場所での活動
(3)ゴミの適切な処理
(4)自然をそのまま残す
(5)たき火の最小限の使用
(6)野生動物の尊重
(7)他者への配慮
2)その他の原則
(1)人工的な施設(例えばキャンプ場内等)でのLNT
(2)海洋環境でミニマムインパクト
(3)障害者に対するLNT
(4)インパクトを受けた環境の回復
(5)地域の(山や海に住んでいる)人にとってのLNT
(6)地域の生態系、エコシステム、植生
(7)野外におけるテクノロジーの利用
3)野外活動別の原則
(1)ロッククライミング
(2)トレイルランニング
(3)マウンテンバイク
(4)シーカヤック(5)乗馬
13.留意点
1)LNTコース中は、コース認定団体であるNOLSのコースポリシーに従い、全日、禁酒、禁煙となります。
2)携帯電話の使用は、自由時間に限り可能ですが、コースの趣旨をご理解の上、必要最小限の使用にとどめるようご協力ください。
3)パソコンの使用も可能です。コース中の自由時間に研修室で、個人的な作業をしていただくことも可能です。但しWi-Fi環境はありませんので、各自ご準備ください。
4)貴重品の管理はすべて自己管理とします。コース中の噴出、盗難に事務局は一切責任をおいませんので、ご了承ください。
5)保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6000円×日数、通院4000円×日数、賠償責任3000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。
6)LNT指導者としてふさわしくない行為が認められた場合、ご本人と事務局との協議の上、参加を辞退していただくことがありますので、ご了承ください。その際、参加費は返却しかねますのでご了承ください。
当日お気をつけてご参集ください。お会いできるのを楽しみにしています。