6+1=WEA / We have standards.
Header

2013WEAプロショートコース募集要項

スクリーンショット 2013-08-10 16.01.00

募集要項  申し込み

【コース概要】
Wilderness Education Associationとは、1977年に北米で誕生した野外指導者育成団体です。6コアカリキュラムに基づいた野外教育指導者の国際資格を発行するために北米を中心に約50余りの大学、民間機関に課程認定を行っています。このたびWEA Japanでは、国内では初めてWEAの指導者資格であるOutdoor Leaderか、Outdoor Leaderを育成することのできるOutdoor Educatorの資格認定コースを開催します。さらに、今回限りの環境スキルの国際スタンダードになりつつあるLeave No Traceの指導者資格であるLNT Trainerか、Trainerを育成することのできるLNT Master Educatorの資格認定コースを合わせて開催します。2つの国際資格を取得できるまたとないチャンスです。是非ご活用ください。
【募集要項】
主催:Wilderness Education Association Japan
集合:2013年9月11日(水)19:00国立赤城青少年交流の家
解散:2013年9月25日(水)起床後各自随時解散
対象:野外教育指導者12名(最小催行:8名)
※優先順位1)WEAJ会員2)野外教育従事者3)野外教育専攻学生
指導:WEA Educator及びLNT Master Educator複数名
費用:150,000円
※含む食費、施設利用料、現地旅費、保険料、指導料、資格登録料
〆切:9月2日(月曜日)
申込:www.weaj.jpより
振込:みずほ銀行玉川学園前支店(普)1042178 WEAJ
問合:WEAJ事務局(E)office@weaj.jp(P)029-895-3775
【スケジュール】
9月11日(水)
国立赤城青少年交流の家に集合し、夜にオープニングセッションを行います。
9月12日(木)
コース中に指導実習を行うために、SPEC、LNTのクラスを行います。
9月13日(金)
野外救急法、リスクマネジメントの理論と実践を行います。
9月14日(土)〜16日(月)
赤城山山域にて2泊3日のプレ遠征を行います。実地にて野外生活技術の指導実習を行います。
9月16日(月)〜18日(水)
国立赤城青少年交流の家にて、LNT Master Educatorコースを行います。これと平行し、WEA6コアのリーダーシップ、エクスペディションビヘイビアーについて学習します。また、18日夕方に、6コアスキルについて中間評価を行います。
9月19日(木)〜23日(月)
谷川連峰・湯桧曽川水系にて4泊5日の本遠征を行います。LNT Master Educatorのカリキュラムや野外生活技術の指導実習を実地にて行います。
9月23日(月)
遠征片付け・自己評価を行います。
9月24日(火)
個人面接・コース修了式を行います。
9月25日(水)
午前中に各自解散となります。
【WEA資格】
WEAの資格を取得するためには、International Resistry of Outdoor Leader:IROLに登録し、ポートフォリオ(個人学習記録登録)を作成しなければなりません。現在英語のシステムのみですが2015年から日本語のシステムを運用するために準備を進めています。本年度はペーパーによるポートフォリオの提出が必要です。
Outdoor Leader
WEA6コアスキルをウィルダネス環境下で適切に実践でき、WEA Outdoor Enthusiast(野外愛好者)を指導することのできる資質を保証します。資格を取得するためには、PSCにて6コアスキルを適切に指導できる他、Wilderness First Aid(2日間コース)の資格を取得していることが義務づけられています(北米ではWilderness First Responder(8日間コース)が義務づけられています)。
Outdoor Educator
WEA Outdoor Leaderのカリキュラムを企画、運営でき、6コアスキルを指導、評価できる資質を保証します。また、2015年より国内で開始するWEA課程認定団体に加盟するためには、団体の専任として1名以上のOutdoor Educatorが必要となります。本来受験するためにはOutdoor Leader資格を保有していることが条件ですが、普及の目的のため、2013年から2015年までの3年間の期限付きで、一定の指導経験を満たした指導者は受験できることとなりました(詳しくはwww.weaj.jp Outdoor Educator特別措置規定参照)。また、資格を取得するためには、Wilderness Advanced First Aid Advance(4日間コース)の資格を取得していることが義務づけられています(北米ではWilderness First Responder(8日間コース)が義務づけられています)。資格取得後は、WEAJの会員登録をしていただき、WEAの普及発展をサポートしていただきます。
【LNT資格】
Leave No Traceとは、野外愛好者、指導者のための環境に対する責任とスキルを示した、今日国際スタンダードとなりつつあるプログラムです。現在国内にはLNT Master Educatorの資格を指導、認定できる団体と指導者がいないため、今回のコースはこれらの資格を取得することのできる最初で最後のチャンスです。レクチャーは海外の講師によって英語で行われ、通訳がつきます。みなさんは英語による指導実習にチャレンジします。
LNT Trainer
LNTの7つの原則を理解し、環境スキルを適切に実践できる能力を保証します。LNTのワークショップを開催し、修了書を発行することができます。
LNT Master Educator
LNT Trainerを育成し、資格認定することのできる資格です。WEA6コアスキルに環境に対する責任が含まれており、一般的にLNTのプログラムが行われています。WEA Outdoor EducatorがLNT Master Educatorを取得することにより、独自に開催したWEAコースでWEA資格だけでなく、LNT Trainerの資格を発行することができます。
【講 師】
Guan Jang Wu, Ph.D.(LNT Master Educator)インディアナ大学にて博士号取得。国立台湾体育大学准教授。台湾にLNTをいち早く導入し、国内の普及発展に貢献する。
Benjamin Rush,Ph.D.Candidate (LNT Master Educator)長年NOLSでインストラクターを行う傍ら、現在台湾東華大学にて博士号取得中。北米の山岳ガイド、カヌーガイド、カヤックガイドの資格を持つオールマイティー。
林綾子,Ph.D.(WEA Certification Examiner)インディアナ大学にて博士号取得。現在びわこ成蹊スポーツ大学准教授。日本人初のWEA Instructor。WEAJ共同代表。
岡村泰斗, Ph.D.(WEA Certification Examiner)筑波大学にて博士号取得。奈良教育大学助教授、筑波大学講師を歴任後、backcountry classroom Inc.設立代表取締役社長。WEAJ共同代表。
濱谷弘志M.S.(WEA Outdoor Educator)信州大学にて修士号取得。10年間に亘るアウトワードバンド長野校校長を経て、北海道教育大学特任准教授。国内では数少ないWilderness Medical Associates Assistant Instructor。WEAJ理事。
西島大祐M.S.(WEA Outdoor Educator)日本体育大学卒業、玉川大学にて修士号取得。現在鎌倉女子短期大学講師。WEAJ副会長。
【装 備】
登山に適した服装一式(コース中洗濯は可能ですがある程度の日数分を持参してください)、レインコート、スリーピングバック&パッド、食器&武器、バックパック60リットル以上、登山靴、運動靴、ヘッドランプ、換え電池、水筒(1リットル)2本、ガイドロープ(8mm20m〜)、スリング(60cm)4本、スリング(120cm)2本、カラビナ(スリング用)6、安全環付カラビナ2、ハーネス、ハイキングストック、ツェルト
【Outdoor Educator申請基準】
1.4泊以上のウィルダネストリップを個人的にしたことがある。
2.教育を目的とした2泊以上のウィルダネストリップに参加者を引率したことがある。
3.10年以上野外指導に従事し、196日以上の指導実績がある。
4.ウィルダネストリップを含むコースの責任者をしたことがある。
【野外救急法資格取得】
WEAの資格を取得するためには、Wilderness Medical Certification (野外医療資格)が必要です。Outdoor Leaderは、Wilderness First Aid(2日間コース)、Outdoor Educatorは、Wilderness Advanced First Aid(4日間コース)を各自取得してください。取得はコース終了後でもかまいません。詳しくは、www.wildmed.jpまで。
【欠席に関する特別処置】
必修カリキュラムである小遠征(9月14〜15日)、本遠征(9月19〜22日)、中間評価(9月18日夕方)、最終評価(9月24日午前)をのぞき4日間までは途中欠席を可能とします。ただしその間に行われたWEA6コアスキルについては自主学習とし、本遠征中に指導技能試験を行います。また、9月16日〜18日の間に欠席した場合、LNT Master Educatorを取得することはできません。